最近ではハロウィン用事

最近ではハロウィン用の変装の衣裳がウェブ通販でも販売されています。しかし、いかんせんこういう日本ではハロウィン自体が認知されておらず、ハロウィンですとか言って仮装する個々はそれほど多くはないのではないでしょうか。

私の場合だと仮装したメモリーと言えばハイスクールのら慣習祭の前夜祭で行った変装行列ですね。女装して相当ウケていたヒトがいました。以前はそんな無駄でも可笑しいことを本人やったり始める機会があったものだと思うのですが、最近はこんな不要かと思われるようなことは目にすることが無くなってきたような感じがありますね。

ハロウィンに限らずイベントは壮大な無駄口なのかも知れません。しかしその無駄口だからこそ見たりやったりするとおかしいんですねどねえ。

そう言えば最近はわたくしからしてが無駄口をやっていませんねえ。「楽しむ」ってことは無駄口を単刀直入?に楽しむ現象なのでしょうかね。

ハロウィンではジャックランタンに選べるカボチャですが、オレンジトーンのカボチャをくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしたもので、とにかくハロウィンらしき証明だ。

日本人のカボチャの考え方は、あの緑色をしたカボチャですよね。ハロウィンで選べるオレンジトーンのカボチャはいやに巨大な物品もあったりしますが、巨大なこれは人間の食用として選べることは少なくて、ほとんどは家畜のエサと繋がるらしいです。

実はあのオレンジトーンのカボチャは緑色の日本のカボチャのど皮が固くはないらしくて、あのジャックランタンにする為に目鼻口の落とし穴を開ける時折切り込みを入れ易いのだそうです。

今年のハロウィンでも膨大な総計のオレンジトーンのカボチャが犠牲?に至るのでしょうね。ハロウィンの時折カボチャに変装したら面白いのではないでしょうか、そうです、呼び名は「カボチャの呪い」だ。モッチスキンで毛穴ケア